一般歯科GENERAL

大人の方もお子様も、慎重な虫歯予防が必要ですareful caries prevention is necessary

「気づいたら歯が痛み、冷たいものを飲むと歯がしみるようになっていた」そんな経験はありませんか?虫歯の発見が遅れれば遅れるほどに状態が悪くなり、ご自身の歯を失う原因にもつながります。

日ごろから丁寧なホームケアを行うとともに、定期健診に受診することが重要です。これは大人の方にとってもお子様にとっても変わらないポイントです。

虫歯は虫歯菌による感染症です

虫歯は虫歯菌による感染症です。お口の中にはさまざまな細菌が生息していますが、そのなかでも虫歯菌はプラーク(歯垢)に住み着いて、糖分をエネルギーとして酸を出すという仕組みを持っています。

酸は歯を溶かしてしまうため、ここで虫歯が起こる原因ができます。きちんとブラッシングしていれば大部分で防ぐことができますが、ブラッシングを怠ると虫歯が進行するリスクを高めてしまいます。

虫歯の進行プロセス

進行性が強い虫歯は、C0からC4と表記されます。

虫歯はまだ初期の段階で、痛みや違和感などの症状がなく、見た目にも気づきにくいですが、歯の表面が少し変色していることがわかります。歯磨きとフッ素塗布で経過観察を行い、自然治癒を待つケースもあります。

歯のエナメル質が溶け始めた、虫歯の初期段階です。歯が茶色く変色してくるため、見た目に気づけるようになります。自然治癒での改善は難しく、最小限削りプラスチックの詰め物で歯の欠損を埋める治療方法がとられます。

虫歯菌がエナメル質よりさらに深い象牙質とよばれる層まで到達し、痛みやしみるなどの自覚症状もあらわれるようになります。プラスチックや金属、セラミックの詰め物で治療します。

虫歯菌によって歯の神経までがダメージを受けた、重度の段階にあたります。痛みや違和感も強くなり、耐えがたいほどの苦痛に悩まされることになります。歯の神経を取り除いた後、被せ物治療をおこないます。

虫歯の末期症状で、見た目には歯がほとんどなくなった状態になります。歯を残す治療ができないため、抜歯となります。抜歯後の治療として、部分入れ歯やインプラント、ブリッジなどで欠損部分を補います。

虫歯治療に必要な根管治療
endodontic treatment necessary for caries treatment

根管治療とは、虫歯が歯の神経にまで達した段階で行われる治療です。歯の神経を取り除き根管内をきれいに掃除し、薬を入れて被せ物治療につなげていきます。特に進行してしまった虫歯のケースでは、抜歯になるリスクや、リンパ節の腫れや発熱など、虫歯菌による全身への影響をも与えるため、早期の治療が必要となります。

小児歯科にも対応しています

「子供の歯はまだ乳歯だから、虫歯になっても永久歯に生え変われば問題ない」と思われる方が少なくありませんが、乳歯の状態は永久歯に大きな影響を与えます。乳歯は生え変わる後続永久歯を正しい位置に導き、スペースを確保する役割を持つため、健全な状態を保つことがとても大切です。

乳歯の段階から虫歯を防ぎ、丈夫な永久歯が生えてくるための準備を整えていきましょう。当院は小児歯科にも対応していますので、ぜひ受診ください。

お子様に無理のない治療に努めます

お子様のなかには、歯科医院での治療を怖がってしまう子もいます。
まずは環境に慣れることを重視し、徐々にできる範囲を広げていきます。
大事な歯を守る歯科治療にトラウマを持ってしまうと、
この先辛い思いをすることになります。

そのような状態を防ぐためにも、当院では歯科医師はじめスタッフが
優しい対応で接しますので、心配なさらずにご来院ください。

Contact お問い合わせ

ご予約お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! TEL 03-3458-1770

お問い合わせ

24時間web予約

サンフラワービル歯科 Sunflower Building Dental Clinic

〒140-0004 東京都品川区南品川2丁目7−9
サンフラワービル
TEL 03-3458-1770

10:00 - 13:30 - -
15:00 - 21:00 - -  

休診日:火曜日、日曜日
土曜日・祝日午後:14:30〜18:00まで