インプラント・入れ歯IMPLANT

歯が抜けたら、補う必要があります
if your teeth come out, you need to make up for it

虫歯や歯周病が進むとそのままの状態で残せないため、歯を抜く必要性が生じます。また、事故や怪我などで歯が折れてしまった場合など、欠損部分を補う必要があります。

抜けた歯を放置するのは危険です

仮に歯が抜けてしまっても、「1本だけだから」「それほど目立つ位置ではないから」と放置してしまう方は意外に多いものですが、歯を失うことによるデメリットは決して少なくありません。

歯が抜けた状態によるデメリット

  • 周辺の歯が傾き、歯並びが悪くなる
  • かみ合わせが悪くなる
  • 顔の輪郭が変わってしまう
  • しわやたるみが増え、老けた印象になる
  • 発音が難しくなり、コミュニケーションに支障を感じるようになる
  • 咀嚼(そしゃく)率が低下し、消化器系に負担をかける

元々あった歯を失うと、周辺の歯への悪影響は避けられなくなります。周りの歯は傾き骨もやせ細り、全体的に大きなダメージが加わります。また、食事中の咀嚼(そしゃく)もしづらくなるため、脳に刺激が届かないことから認知症の発症が早まるリスクも否定できなくなります。

歯は私たちにとって非常に大切な体の一部であり、どれか1本でも欠けてもならないものです。抜歯後は決して楽観視せず、欠損部分を補うために歯科医院で適切な治療を受けるようにしましょう。

歯を補う治療法とは
what is a cure to supplement teeth

一般的に歯が抜けてしまったときには、ブリッジやインプラント、入れ歯といった治療法で対処することになります。

ブリッジ

抜けた歯の周辺の歯を使い、橋渡しをするように欠損部分を補う方法です。ほとんどのケースでは健康保険適用内での治療となるため、比較的費用を抑えられます。

メリット

  • 保険の材料であれば、費用を抑えられる
  • 治療に時間がかからず、短期間で歯の機能を取り戻せる
  • 噛んだときの違和感が少ない

デメリット

  • 土台となる歯を削る必要がある
  • 歯の寿命を短くする
  • ダミーの部位に汚れがたまりやすい

インプラント

歯茎を切開して人口の土台を埋め込み、その上に義歯を被せる方法です。健康保険が適用されないために治療費は高額になりますが、審美性と機能性においては群を抜いた治療法として知られています。

メリット

  • 審美性に優れている
  • 天然歯のように噛める
  • 丈夫な素材を使用するため、壊れにくい
  • メンテナンスを怠らなければ、長期間使用できる

デメリット

  • 保険外診療の為、治療費が高額になる
  • 外科的手術が必要になる
  • 通院回数も多くなり、治療期間が長くなる

入れ歯

歯を補う処置として、取り外し可能な治療法となります。部分入れ歯では前後の歯に金属のバネをつけて固定します。

メリット

  • 保険の材料であれば、費用を抑えられる
  • 取り外しが可能なので、清掃しやすい
  • 治療期間が比較的短い

デメリット

  • インプラントやブリッジと比べて耐久性が弱い
  • 金属のバネが見えることがある
  • 異物感を感じる方が多い
  • 発音や咀嚼(そしゃく)に影響を与えることがある
  • 固定する歯に負担がかかる

ブリッジ、インプラント、入れ歯にはそれぞれはメリット・デメリットがあり、各治療法について正しい知識を持ったうえで選択することがベストです。それでも、適切な処置と丁寧なプロセスを進めていけば、どの方法でも快適に使うことは可能です。当院では治療後のサポートもいたしますので、不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。

Contact お問い合わせ

ご予約お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! TEL 03-3458-1770

お問い合わせ

24時間web予約

サンフラワービル歯科 Sunflower Building Dental Clinic

〒140-0004 東京都品川区南品川2丁目7−9
サンフラワービル
TEL 03-3458-1770

10:00 - 13:30 - -
15:00 - 21:00 - -  

休診日:火曜日、日曜日
土曜日・祝日午後:14:30〜18:00まで